援助交際 おすすめランキング
SWEET LINE
SWEET LINEのバナー
今話題の出会える出会い系サイト
オールジャンルの出会いに対応したおすすめマルチサイト!もちろん援助交際募集書き込みもいっぱいです☆
地域別で検索できるので、近所で即会いといったパターンもザラですよ♪
とにかく会える方限定!あたし的には今夜でもOKです♪写メとかあったら信頼度かなり上がるかも~
詳細はこちら
愛カツ
愛カツのバナー
写メで相手を検索可能!
婚活にも頻繁に利用されるほどの優良サイトがコチラ!アダルトな出会いにも力を入れているので、出会えます☆
写メ閲覧が可能なので、気になる相手がいればどんどんアプローチしてみよう♪
Hなオジサマ!一夜の冒険をしませんか?大人のお付き合い希望します!未婚ですけど、東京に婚約者がいるので、秘密厳守で!体の寂しさを慰めてくれる、セフレ募集です。
詳細はこちら
プチ神募集掲示板
プチ神募集掲示板のバナー
理想のパートナー探しにおすすめ
プチ神募集掲示板はココ最近非常に勢いのあるサイトで様々な出会いができるというクチコミも多いです。ですがライバルも多く、なかなか返事がこないというデメリットもあるため、他とちがったメールやコミュニケーションで差別化できるかが重要です。
Hな関係がほしくて登録してみました♪まずはお友達から~でもいいので、気の合う人と仲良くなりたいです★よろしくお願いします
詳細はこちら

援助交際というと、どんなイメージを抱くでしょうか?「犯罪じゃないの?」「危ないんじゃないの?」といったイメージが、まだまだ強いのだと思います。そもそも、援助交際とは、未成年に売春を目的で相手を紹介すること。そして、相手からお金をもらい、未成年に報酬として支払い、自分は仲介手数料としていくらかいただくことを指します。売春援助とでも言いましょうか。

犯罪として裁かれるのは、未成年を紹介した場合がほとんどです。メディアで取り上げられるのも、ほとんど未成年者である、高校生や中学生が援助交際に絡んでいた場合ではないでしょうか。援助交際が、成人間で行われれば、特に問題なかったりします。現に、そんな事件は報道されません。援助交際=売春ですが、相手が未成だった場合に児童買春として処罰されるのです。ですから、成人がセフレ欲しさに仲介を頼むというのは、あまり罰せられません。グレーゾーンということですが、合意さえあれば、当人同士の問題ということになるのでしょう。

ただ、相手が未成年の場合、知らなかったでは済まされません。合意があったとしても、成人の方が不利になってしまうことは明らかです。ちょっと若くて気に入ったとしても、年齢確認はきちんと行いましょう。

また、援助交際の一種で、お金を支払ったり受け取りながら、セックスなしで食事をしたり、使用済の下着をもらったりするものがあります。これは、お金のやり取りが発生し、未成年が相手だとしても、罰せられません。セックスが無いので、淫行条例に値しないのでしょう。ただし、未成年を夜中に連れまわすなどすると、保護教育条例や、児童福祉法に触れてしまうこともありますので、注意して下さい。

問題となっていた

今でも援助交際というと、いかがわしいイメージが付きまとうかと思いますが、その原因はやはり過去に報道された犯罪のニュースにあると思います。1996年に、黒沼克史の「援助交際ー女子高校生の危険な放課後」という小説が大ヒットしました。ここから、一般市民にも援助交際という言葉が浸透するようになります。
なんと、同年の流行語大賞にまでなった言葉なのです。そこから、インターネットの普及もあり、英語圏ではそのままローマ字で援助交際という言葉が通じるほどになったのです。

援助交際の歴史は古く、1985年には、すでにテレクラの出現で高校生などの未成年の間にも不特定多数の異性とのセックスが広まっていました。匿名性が高いので、家出少女や、ちょっと大人びていた女の子は、未成年でも好奇心から利用していたようです。やがて、リアルに会うコも増えてきて所を、業者が見つけます。女子高生と出会いたい男性と、お金に困っているコとをマッチングしてあげようというのです。

当時から、未成年者と肉体関係を持つことは禁止されていました。当然、女子高生は年齢を偽ってお客と会います。セックスの最中に、未成年であると知らされる場合もあるでしょう。そうでなくても、やけに若いと思うハズです。それでも、最後までしてしまうのが、その場の勢いなのでしょうか。結局、親にばれたり目撃情報があったりして、公のことになってしまいます。お客に未成年とセックスする気が無くとも、未成年とセックスした事実だけによって、犯罪行為となってしまうのです。

高校生にももちろん罰はあって、補導の対象になってしまいます。それだけでなく、未成年でも、例えばお客が既婚者だった場合、お客とのセックスによりお客の夫婦関係に何らかの損失を加えたとなって、相手のパートナーに訴えられる場合もあるのです。買ったのがお客だとか、未成年と知りながらセックスしたというのは、言い訳にもなりません。

未成年だから慰謝料を払わなくていいということはなく、高校生の親が支払わなければならないのです。未成年者とセックスするということは、お互いに大きなリスクを抱えているということを認識しましょう。合意の上とはいっても、その場限りで、終わって別れればどう転ぶか分かりません。以上のリスクは、最低限であると考えた方が良いでしょう。

出会い系サイトに年齢を偽って登録すると?

現在でも、出会い系サイトは18歳未満や未成年は登録できないことになってます。身分証明書を提示しなければいけないサイトもありますが、最低限の機能だけを利用することを条件に、未成年者も利用している場合があるといいます。あるいは、親や兄弟など、身近な成人者の免許証を利用している場合もあるのです。そんな未成年者に気づかず、アプローチしてしまう場合もあるでしょう。

サイト内のチャットなどでメッセージを交換したり、あるいはアダルト系のサイトだったとしても、テレフォンセックスであれば、肉体関係を持ったとはいえません。例え、メッセージ内で未成年だと知っても、犯罪には触れることはありません。ただ、直接会うとか、セフレになってしまうことには問題があります。近所だとしても、慎重にお付き合いすることをお勧めします。相手にも、サイトを利用していることはルール違反ですが、それだけでは犯罪にはなりません。

しかし、同じように別の成人とセックスしたりすると犯罪になることだけは、ちゅこくしておきましょう。とはいえ、未成年と会う機会など、社会人になるとメッキり減ってしまうものです。インターネットの特権ともいえる出来事ではないでしょうか。